Cashing Good debtor



    学生ローンの正しい使い方
 | TOP | | 利息について | | 契約までの流れ | | Q&A | | 学生ローンPege |
 
 

  携帯端末からは、学生ローンの正しい使い方ケータイサイトをご覧下さい。
  PC版とは違う内容でお届けしています。

当サイトは、正しいキャッシングの知識を提供するキャッシング情報サイトです。
特に今や学生さんになくてはならない存在となった「学生ローン」を中心に解説したいと思います。

 
学生ローン・キャッシングの利用については、使い方一つで大変便利なものにもなるが、一つ誤ると大変なことになります。
最も注意してほしいのが「借りて返す」をクセにしないでほしいことです。
例えば、最初に10万円をキャッシングしたとしましょう。
すとと、当然に支払日は来ます。が、しかし返済に充てる金がなかったとしましょう。
貴方ならどうしますか?

A 金融会社に連絡して支払いを待ってもらう。(アルバイトをがんばる)
B 知らないフリをして督促がくるまでしらばっくれる
C 再び学生ローンで借りて返済に充てる

あたりまえですが「A」を選択した人は賢いです。
学生ローンの業者は、ほとんどが貸金業の認可を受けたちゃんとした会社ですので、事情をきちんと説明すれば待ってもらうえます。(ただし、あまりに遅延が続くようですと一括返済を要求されたりしますので注意が必要です。)
問題はB、Cですね。
Bは信用情報に影響がでます。信用情報とは、何件でいくらの借り入れがあるかなど、貸金業者が与信判断の為に利用するものです。簡単に言うとブラックリストと言えばわかりやすいでしょうか。
信用情報については、こちらのサイトで詳しく解説してますので参考にしてみて下さい。
信用情報にキズがつけば、当然他の学生ローンや消費者金融でキャッシングをすることが難しくなります。もし、借りられたとするならば、それこそヤミ金の可能性が高いので要注意です。
ではCはどうでしょうか。
これがこのコーナーでのメインです。
借りて返すというやり方は、いわゆる「自転車操業」です。
初めは10万円でも、支払日が来るたびに1万円追加、また次の月に追加、ついでだから生活費も借りておこうということで、今度は5万円を追加・・・結局学生ローンA社では枠がいっぱいになり、次は学生ローンB社から借りることになるのです。
やがては、B社もいっぱいになり、C・D・E社と、借金が雪だるま式に増えてしまう・・・このようなケースに陥ると、返済はまず難しくなるでしょう。
やはり、学生ローンの正しい使い方は、どうしても「サークルの仲間と旅行に行きたいから5万円必要」とか、
「どうしても買いたい物があるので5万円位借りたい」というような場合に、小額を短い期間で返済するつもりで利用するのがベストでしょう。
 
[お役立ち情報]
カレッジの学生ローンなら来店不要で振り込みキャッシングが可能です。
学費やレジャーなど、学生生活の心強いパートナー!!